naokocoroの身体と心・原理原則のお話しブログ

心と身体の専門家naokocoroの観ているディープな世界観のお話しのブログです(o^^o)

食べる

実は私は管理栄養士を持ってたりします

栄養士の仕事は

食べ物の栄養価を計算して

その人に必要な栄養価の献立を立てること

ですが

 

 

・食べ物に決まった栄養価がある

(時期により異なりはするけれど)

→これにより栄養計算がされます

・人は食べ物を食べてその食べ物が持つ栄養を取り

その栄養素が身体をつくる

→これにより必要な栄養素を知る必要があります

・食べなければ栄養は作れないし死んでしまう

 

こんな概念が存在するので

栄養士という仕事が成り立ちますね

 

ただ

今、私が感じている感覚は

実は

 

栄養を食べ物から摂取している

食べ物が食べた人に栄養を与える

 

という感覚では

もはや無いのです

f:id:naokocoro:20201109162950j:plain

 

 

それは

「食べる」という行為の本質を考えていくと

腑に落ちるのだけど

 

まずは

 

お腹がすいているか

すいていないかを

自分は感じて食事をしているかどうか

これを振り返ってみること

 

ここからかな(^-^)