naokocoroの身体と心・原理原則のお話しブログ

心と身体の専門家naokocoroの観ているディープな世界観のお話しのブログです(o^^o)

終わりは始まり 

変化をし続ける、この世界において

 

終わりは始まりなんだよね

 

終わったわけでは無くて

始まったということにすぎなくて

でも

正直

そんなことがいいたいわけでは無くてね

 

終わりも始まりも

「~の意味の中では、、、」

みたいなことになってくるわけで

、、、

第1章は終わりだけど、物語は終わっていない

みたいな感じにね

 

続いている「物語」として観るならば

起承転結で結び

ひとまず終わり

なわけだけど

 

アニメの「こまわり」みたいに

瞬間瞬間を切り取った

それが重なっていっていると観るならば

その瞬間瞬間しか存在しないわけで

終わりも始まりも

その瞬間に内包されているというか

同時存在してることになるんだよね

、、、、

 

時の流れを「こまわり」で捉えたならば

しかも、その「こまわり」を

創ることが出来るのが自分だったなら

どんな物語でも創れることになるでしょう?

 

漫画家さん的な立場ねw

 

そしたらさ

終わることへの恐れ

始まることへの不安

必要??

ってなるじゃん??

なりません??

 

いやいや、、理屈上はそうだけど、、、、

何言ってんの?

って感じになりそうなので

この辺でやめときます(笑)

 

この先のお話しは

リアルでお会いしてお伝えしたいので

お茶の間サロンでの内容にします^^

 

ひとまず

このブログを読んでくれた方が

 

もしかして

終わること

始まること

への不安や恐れ

なんてもんを

抱いても何も始まらないのかも

なんとなく感じてくれれば

今日の記事はいい感じで書けたって

思えるかな(o^^o)

 

f:id:naokocoro:20200926124317j:plain

 

終わることへの恐れ

始まることへの不安

 

本当は

どちらの感情も

沸く必要のないもの

でも、沸いていることにも

ちゃんと、意味がある

 

お茶の間サロン「なおこころ」

詳細ご希望の方は

公式LINEから